麻酔時の痛みを抑えるポイント

麻酔時の痛みを抑えるポイント

治療の痛みを軽減するために使う麻酔ですが、その麻酔を注射する際のチクッとした痛みさえもつらく、嫌がる患者さんがいらっしゃいます。お口の中は身体の中でも特に敏感なため、注射の痛みも強く感じやすい傾向があります。
当院では、麻酔時の痛みをできるだけ感じにくくするために、様々な取り組みを行っています。注射針を刺すときの痛みと、麻酔液を入れるときの痛み。この2つの痛みを抑えるために行っている方法をわかりやすくご紹介します。

痛み 痛みを抑える時に使うもの 痛みが抑えられる理由
針を刺すときの痛み
  • · 表面麻酔
  • · 33ゲージ(0.2mm)の細い針
ゲル状の表面麻酔を歯茎に接触させてから麻酔し、細い針を使用することで注射時の痛みを軽減できる
麻酔液注入時の痛み
  • · 麻酔液を温める機械
  • · 電動注射器
冷たい麻酔液だと痛みを感じやすいため、人肌程度に温めておく。さらに電動注射器を使い、一定の速度で注入するため余計な圧力がかからない

無痛治療のための麻酔

無痛治療のための麻酔

ロイヤル歯科医院で使用する麻酔の種類と、それを利用した痛みを抑える4つのポイントを詳しくお伝えしていきます。

当院で使用する麻酔の種類

浸潤(しんじゅん)麻酔

浸潤(しんじゅん)麻酔とは、歯ぐきに麻酔液を注射して治療の痛みを軽減させる局所麻酔です。一般的な歯科治療でよく用いられます。なるべく痛みを感じないよう、数回に分けてゆっくりと注射します。

伝達麻酔

伝達麻酔とは、下顎の神経に打つ局所麻酔です。麻酔効果が高く、持続時間も長いため、治療後の鎮痛剤の量を減らすこともできます。例えば下顎の奥歯は、浸潤(しんじゅん)麻酔が効きにくいため、親知らずの治療時には伝達麻酔も合わせて使用します。

痛みを抑える4つのポイント

ポイント①表面麻酔を歯ぐきに塗る

当院では麻酔注射をする前に、そのチクッとした痛みさえも感じないよう、表面麻酔を導入しています。ゼリー状の麻酔を歯ぐきに塗ることで、麻酔針を刺すときの痛みもほとんど感じないようにできるのです。ゼリー状の麻酔薬のほか、スプレータイプやシールタイプなどがあります。治療以外にも、歯のクリーニングや歯石除去の際にも使用する場合もあります。
表面麻酔を塗る前に、麻酔液が唾液で広がらないよう口腔内にガーゼとコットンを入れますので、ガーゼなどが苦手な方はお知らせください。

ポイント②「0.2mm」の細い針を使う

多くの歯医者さんが使っている注射針の太さは、27ゲージ(0.4mm)か30ゲージ(0.3mm)が一般的です。医師が手動で麻酔注射を打つ場合、これ以上細い針を使うと圧力がかかりすぎてしまい、麻酔液を押し出すことができなくなってしまうからです。当院では、手動ではなく、電動注射器を導入しています。電動注射器の場合、針の太さは33ゲージ(0.2ミリ)。数ミリの違いですが、これだけで注射針を刺す際の痛みもかなり軽減できます。

ポイント③電動注射器を使う

電動注射器を使用すれば、「0.2mm」の細い針で麻酔液を注入することできます。コンピューター制御により余分な圧力がかからず、一定の速度で麻酔液を注入することができ、手動の注射器よりも痛みを抑えることが可能になります。

ポイント④麻酔液を温める

麻酔液の温度が人の身体の温度より冷たいと、歯茎に注入したときに痛みを感じやすくなります。機械を使って麻酔液を“人肌”に温めてから使用すれば、注入時の痛みを防ぐことが可能です。

JR線千葉駅/京成線新千葉駅より徒歩3分 デンタルドックについて詳しくはロイヤル歯科にお問い合わせください 043-246-8430