重度の虫歯は根管治療で歯を残します

重度の虫歯は根管治療で歯を残します

歯の神経にまで達してしまった重度虫歯は、以前は抜歯を余儀なくされました。歯を失ってしまうと、歯を支えていた顎の骨が変化します。放っておくととなりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯がのびてきたりして咬み合わせを乱してしまいます。また、歯の機能を回復させるには、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療が必要不可欠になります。そのため抜歯はできるだけ避けたい処置です。

そこで、抜歯を避けるために行うのが「根管治療(こんかんちりょう)」です。JR線「千葉駅」西口や京成線「新千葉駅」より徒歩3分の歯医者「ロイヤル歯科」では、高度な技術と精密な処置が必要な「根管治療」にも対応しています。

根管治療とは?

根管治療とは?

歯の中の神経や血管が入っている細い管を「根管」といいます。根管治療は、この根管の中から虫歯菌に汚染された神経や血管などの組織を除去し、根管内を洗浄・除菌して、すき間をつくらないように薬剤を充填して密閉する処置です。根管はとても細いうえ、複雑な形状をしているので、とても細かい作業が必要です。少しでも細菌を残してしまうと、虫歯が再発してしまうので、この治療を成功させるためには、高い精度が要求されます。

根管治療が必要なケースについて

根管治療が必要なケースについて

虫歯が進行し歯の神経に達してしまった重度の虫歯、虫歯の進行でいえばC3レベルの場合や、すでに治療してある虫歯で歯の根の先に膿がたまってしまったような虫歯は、根管治療が必要です。「歯がズキズキ痛む」「歯ぐきの歯根部分が腫れている」などの自覚症状がある場合は、根管治療が必要かもしれません。

根管治療から被せ物装着の流れ

STEP1:歯の神経の除去
STEP1:歯の神経の除去 専用の器具を使って、細く複雑な形状の根管の中から汚染された歯の神経を取り除きます。
STEP2:清掃・洗浄・除菌
STEP2:清掃・洗浄・除菌 根管内をきれいにして洗浄します。再発を避けるため細菌を残さないようにしっかり除菌します。
STEP3:根管充填
STEP3:根管充填 根管内を薬剤で充填し密閉します。すき間を残してしまうと再発のリスクを高めてしまうので、しっかり充填する必要があります。
STEP4:補綴物装着
STEP4:補綴物装着 土台をつくり、その上に歯の機能を補うための被せ物を装着します。

根管治療を成功させるためには精密な処置と数回に分けて行う必要があります。とても根気がいる治療ですが、お口の健康を守るために最後まで通ってしっかり治療を終えることが大切です。それよりもおすすめなのは、早期発見・早期治療、そして予防です。虫歯を悪化させないよう、定期検診を活用しませんか?

根治、根充の弱点

世界中の歯医者は、歯髄の治療をしたら必ず根治をします。当院でも実際、毎日何人も根治をしています。しかしこの根治、結論から言ってしまえば完全とは程遠い治療だと当院は考えています。(ここの部分は先生によって見解が異なるのであくまでも私見ということで言わせていただきます。)えっ?じゃあ、なぜ根治をやるの?と思われる方も多いかと思います。

理由は根治以上の治療が他にないからです。根治が歯髄を取った後、最も確率の良い治療法だからです。ですから根治の批判をしているわけではありません。ただ皆さまに根治の実際と限界を知っていただきたいのです。これを知っていただけたら、根治になる前に歯医者に行こうという方が1人でも多く増えてくれることを祈っております。

実際の歯の根の形

根管のイラストと実際の根管の走行

患者さんに説明をするときなどによく用いる歯の一般的な断面図のイラスト。歯根がイメージしやすいように主根だけ描かれています。
しかし実際の歯は、主根だけでなく側根が網の目のように走っています。生物学的に見れば、左のイラストより、右の写真の形の方がむしろ自然な形です。

  
  
ファイルを使った治療での限界

ファイルを使用した治療

ファイルという針の先にやすりがついた器具を使って、根管の内壁を切削していくのが根治の基本です。
しかし、これだけ走行が複雑だと主根管をしっかりやるだけでも精一杯で、分岐した細かい根管に至ってはファイルは全く入りません。すなわち、完璧な根管治療などはありえないと言い切れます。
(主根管ですら見つからないことや、狭くなっていてファイルが入らないことなどがあります。)

  

完全な治療ではなくても・・・・。
主根管だけでもしっかりときれいにする。丁寧に根治した歯100本と適当に根治した歯100本では、その後のトラブルなる期間に差が出てきます。できうる限り丁寧に根治をしていくことが歯の残存の確率を上げることになります。
根治を当院にてお引き受けした以上、持てる技術の限りを尽くします。
ご理解下さい・・・・。

根治は他の治療より、難しい治療です。精一杯治療すれば、多くは何年ももつでしょう。しかし数%は、治療に数か月かかったり、術後痛みがしばらく引かなかったり、半年くらいで抜歯になったりすることもございます。(最大のトラブルでも歯を抜く以上のトラブルにはなりません。)
当院では主根管の消毒に手抜きをしているつもりはないのですが、以上の根治の性質と限界を知っていただいて根治後のトラブルになった場合は、再根治や抜歯など善後策をとっていくしか方法がないこと、ご理解下さい。
根治になる前に・・・。
お早めに来て下さい。予防歯科をやりましょう!

虫歯を未然に防ぐため予防歯科に通いましょうJR線千葉駅/京成線新千葉駅より徒歩3分ロイヤル歯科の予防歯科について